個人・同人エロゲの「売れる狙い目のおすすめジャンル」をデータをもとに考察・ランキング!!

ノチェチ
個人や同人でアダルトゲーム・エロゲを作る際に、
売れるジャンル・狙い目のジャンルってあるんだろうか…?

 

こんな疑問に答えます。

 この記事を読むメリット

エロゲのジャンルごとの販売作品数と販売実数比較データを知ることができる
・そのデータから、エロゲを売る際のオススメジャンルを知ることができる

 

 

1:ジャンルごとの販売作品数と販売実数データ 単純比較

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite

では早速ですが、個人・同人制作のアダルトゲーム・エロゲで
「売れるジャンル」「狙い目のジャンル」を考察します。

データを参考にするのは、18禁・アダルトゲー・エロゲならここDLsiteです。
いつもお世話になります笑

 

まずは、単純にジャンルごとのデータを示します。
後半に表にまとめたものを載せるので、一覧で見たい方は後半まですすんでください

 

ロールプレイング・RPG

販売作品数:4,938作品

売り上げ1〜30位累計販売実数:855,264本
・1位:49,149本
・2位:42,678本
・3位:40,921本

販売作品数における、上位3位の販売数から見る狙い目度
 ポイント:8.9

!補足!
「販売作品数における、上位3位の販売数から見る狙い目度」とは??

僕が勝手に数値算出しています。
<販売上位3位の累計販売実数の平均>÷<販売作品数>

この狙い目度ポイントを比較して、数値が大きいほどコスパが良く
売り上げも狙いやすいかと思います。

 

アクション

販売作品数:1,699作品

売り上げ1〜30位累計販売実数:505,014本
・1位:33,191本
・2位:28,202本
・3位:27,059本

販売作品数における、上位3位の販売数から見る狙い目度
 ポイント:17.3

 

シミュレーション

販売作品数:2,000作品

売り上げ1〜30位累計販売実数:523,915本
・1位:78,046本
・2位:37,722本
・3位:29,564本

販売作品数における、上位3位の販売数から見る狙い目度
 ポイント:24.2

 

アドベンチャー

販売作品数:6,570作品

売り上げ1〜30位累計販売実数:467,883本
・1位:26,546本
・2位:26,537本
・3位:25,714本

販売作品数における、上位3位の販売数から見る狙い目度
 ポイント:3.9

 

シューティング

販売作品数:439作品

売り上げ1〜30位累計販売実数:68480本
・1位:18,620本
・2位:5,310本
・3位:4,958本

販売作品数における、上位3位の販売数から見る狙い目度
 ポイント:21.9

 

その他

販売作品数:5,324作品

売り上げ1〜30位累計販売実数:287,947本
・1位:29,491本
・2位:18,282本
・3位:15,540本

販売作品数における、上位3位の販売数から見る狙い目度
 ポイント:3.9

 

 

エロゲのジャンルごとを表にして比較する

販売作品数 売上トップ30実数 売上トップ3
平均売上実数
売上トップ3
からの狙い目度
ロールプレイング 4,938作品 855,264 44,249 8.9ポイント
アクション 1,699作品 505,014 29,484 17.3ポイント
シミュレーション 2,000作品 523,915 48,444 24.2ポイント
アドベンチャー 6,570作品 467,883 26,265 3.9ポイント
シューティング 439作品 68,480 9,629 21.9ポイント
その他 5,324作品 287,947 21,104 3.9ポイント

※狙い目度ポイントが高いほど、「狙い目」です。

 

さて実際に表にまとめてみました。

結論から言うと、
同人エロゲを売る時の一番の狙い目ジャンルは「シミュレーション」です。

理由は、上記表からわかるように、
販売作品数2000と競合が意外と少ない
にもかかわらず、売上上位3位平均が43,444本
狙い目ポイントも一番高い

 

アクションもシミュレーションと同様に狙い目といえる。
狙い目度ポイントは3位だが、
・販売作品数が少なく
・売上トップ30位実績
ということで、需要も多く、ライバルも少ないと非常にバランスが良い

 

シューティングも、狙い目ポイントは2位で、競合が少ないことでもなかなかの狙い目
ただし、売上上位3位平均が低く、需要は低め
とはいえ、競合・ライバルが圧倒的に少ないので、勝負はしやすい。
ここでヒットすれば知名度爆上げのチャンス。いわゆる穴場

 

ロールプレイングは、需要はあるものの、販売作品数が多い、つまりライバルが多いため激戦

 

一番勝負しにくい狙い目でないジャンルは、圧倒的に「アドベンチャー」です。

・販売作品数が一番多く
・その割に売上トップ30実数が低い
ということで、「ライバルは多いのに、売れない」と言えます。

 

 

まとめ:狙い目ランキング

チエルク
ということで、
売れる・狙い目のエロゲ・アダルトゲームのランキング発表!!!
ノチェチ
(笑顔で恥ずかしいこと言わないで…)

 

1位:シミュレーション ←ライバル少なく・売れる
2位:アクション ←ライバル少なく・売れる
3位:シューティング ←ライバルは超絶少ないが、需要も低め
4位:ロールプレイング ←激戦
5位:アドベンチャー ←激戦かつ売れない

 

いかがでしょうか??

もし、
「これからアダルトゲーム・エロゲ・18禁ゲームを作って、
大ヒットさせて成功してやるぜ!!!!!!」

みたいな人がいれば、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ちなみに、「アダルト・エロジャンル」「ノーマルジャンル」とでは、売れやすさ・稼ぎやすさが雲泥の差です。
下記の記事では、その分析結果をまとめています。

個人(同人)制作ゲームの『アダルト・エロジャンル・エロゲ』の売上・販売数・実績・需要が異次元すぎたから比較してみた【売る・稼ぐならエロ】

2020年5月14日

 

ちなみに、ジャンルごとのオススメのゲーム制作ツールは下記の記事にまとめています。
プログラミングがなくてもゲームは作れます

無料あり:初心者にオススメの「ゲーム制作ツール」は4つだけです。【ゲームの作り方】

2018年8月20日

 

また、このブログではプログラミングなしでゲームを作る方法を全てまとめていますので、
ぜひ活用してくれると嬉しいです。
記事も毎日更新しますので、見てくれると頑張れます。

それではみなさん、良きゲーム制作ライフを!!!

 

※この記事を書いた人※

高橋リョウタ:

フリーゲーム制作者兼ブロガー。当サイトでは、プログラミングなしでゲームを作る方法を無料で公開。
また、当サイト含む複数のブログも運営中。ブログ・サイト運営も安定してきたため、サイト・ブログを活用したブログで楽に生きる道標も無料で公開(の準備中)

>>詳細:「プロフィール記事」。

>>ブログ・ホームページの制作の無料相談はTwitterのDMよりご連絡ください^^