【前編】ゲームを作りたい人のための「ゲーム制作の流れ」10のポイント

高橋リョウタ
どうも、高橋リョウタ(@takaryo_sutekoiです!
今回は、「ゲーム制作の流れ10つのポイント」ということで、ゲーム制作の流れについて簡単に紹介していこうと思います!!
これから、ゲームを作ってみたいと思っている人はぜひ参考にしてみてください!
チエルク
ゲーム制作と一口に言っても、やること自体はたくさんあるからね!
とはいえ、改めて考えるとどのくらいしなければならないことがあるのかな?
ノチェチ
実際にゲームを制作する過程以外でも、実はゲーム制作って始まっているんだ。
やることは多いけれども、一つひとつの作業が面白いのがゲーム制作だ!
補足
今回の記事では、RPGゲームを作ると仮定してゲーム制作の流れを紹介します。
ただ、他のジャンルのゲームを作るとしてもある程度参考になるよう意識して記事を書いていますので、そのままご覧いただければ幸いです

また、この『ゲームを作りたい人のための「ゲーム制作の流れ」10のポイント』の記事は【前編】と【後編】に分けて記事を書こうと思います!

 

1:「どんなゲームを作りたいか」を考える

まずは、「どんなゲームを作りたいか」を考えるところから始まります!

ファイナルファンジーのような壮大な物語と感動的なゲームが作りたいのか…
あるいはテイルズシリーズのように、王道熱血のファンタジーなのか…
あるいは軌跡シリーズのように、まるで小説を読むかのような深い物語を楽しみたいのか…
あるいは謎解きゲームのようなミステリーなゲームを作りたいのか…

自分自身で、「こんなゲーム作りたい!」って思ったら、その気持ちをまずは大切にしましょう!

そして作りたいゲームが決まったら、ゲーム制作ツールを起動させる前に、簡単に物語・ストーリーをメモにまとめてみましょう!!

ちなみに僕の作った「特命ブラック」というゲームは、ゲーム制作を始める前にこんなメモを作ってから作業を開始しました。

こんな簡単なメモでも作ると、

  • じゃあこんな登場人物が必要だな〜
  • こんな街つくりたいな〜
  • かっこいいBGMがほしいな〜

とか色々考えることができて、作業が少しでもスムーズになると思います!

ちなみに、作りたいゲームによって適切なゲーム制作ツールが異なります!
もし宜しければ、後ほどこちらの記事もご覧ください!

無料あり:初心者にオススメの「ゲーム制作ツール」は4つだけです。【ゲームの作り方】

2018年8月20日

 

2:タイトル決め

どんなゲームを作りたいか、どんな物語・ストーリーにしたいかを考えたら、次は仮のタイトルを考えましょう!
というところがポイントです。

というのも、ゲームにおけるタイトルとは非常に重要なものであり、そのゲーム完成度やそれ以外にも、そもそもそのゲームを遊んでもらえるかというところにもつながります。

また、ゲームを作っている途中に、当初考えていた物語と違う展開になることはよくあることです。
そんな時に、初めにタイトルをつけたことが原因で物語の修正が効かなくなるのはよくありません。

そのため、まずは仮でタイトルを決めて、自分自身「このゲームを作るぞ!」って気持ちを高めて、それからはしばらくタイトル決めは放置でいいと思います〜。

 

3:登場人物・キャラクター作成

簡単な物語・ストーリーが決まれば、次は主要登場人物の作成です!!

もちろん全ての登場人物を作る必要はありませんが、少なくとも主要登場人物(キーキャラクター)は作りましょう!
主人公とかヒロインとか、それに準ずるキャラクターですね。

その以外のキャラクターは、ゲームを制作しながらその都度作っていけばいいと思います。

主人公はその物語を左右する大事な大事なキャラクターです!
自分の持てる限りのを込めて作ってあげましょう!!

イラストが描ける人は、頑張ってキャラクターを生み出してみましょう!!!
僕は全く絵が描けませんが笑

僕のように全く絵がかけない方は、キャラクターを作成できるツールがオススメです!
宜しければ後ほどこちらの記事もご覧ください〜。

CHARAT(キャラット)で超絶簡単に無料でキャラクター作成できるぞ!

2018年11月5日

 

4:BGM選定

補足
ゲームの流れの順序としては本当はもっと後にしてもいいのですが、ブログ記事の都合上4番目の項目にしています! 

BGMの選定も非常に重要なポイントとなってきます。
というのも、ゲームの音楽一つで、物語全体の印象が全く変わってきます

もちろんBGMを選定するタイミングは、イベントシーンを作ったり、街を作ったりするタイミングだとは思うのですが、僕はそのゲームのテーマソングくらいは先に決めておくといいかなぁと思っています。

というのも、もしテーマソングに悲しい曲を選ぶなら、重要シーンには悲しい展開を持ってきたいとか、物語全体を少し寂しさが滲み出るように仕上げたいなとか考えれるわけです。
また、テーマソングに元気一杯の曲にするなら、物語全体を明るいイメージで仕上げたいなとかも考えれます。

音楽一つでゲームの印象が変わります!
ここはこだわってもいいと思います!!

作曲できる人は、ここに力を注ぐのも面白いかもしれませんね…!!!

フリーBGMということで、たくさんの素晴らしい曲を生み出す方がいます!
オススメのフリーBGMのサイトをまとめた記事はこちらからどうぞ〜。

オススメの「著作権フリー音楽・BGM素材サイト」まとめ10選!【ゲーム制作】

2018年9月13日

 

前編のまとめ:ここまではゲーム制作の下準備だ!

チエルク
ここまでは、ゲームを作るための準備ということだね!
でも、ゲームを作るのってこんなところまで始まってくるんだね!
ノチェチ
そういうこと、なかなかやることが多いだろ?
そして次の記事では【後編】として、下記のポイントでまとめてみる予定だ。

  • 5:マップや町の作成
  • 6:各種イベントの作成
  • 7:アイテムの作成
  • 8:戦闘画面・敵の作成
  • 9:オープニング・エンディングの作成
  • 10:テストプレイ→完成

続きの記事もぜひ読んでみてほしい…!!

高橋リョウタ
いかがでしたか?
『【前編】ゲームを作りたい人のための「ゲーム制作の流れ」10のポイント』はひとまずここで終了です!
では、引き続き【後編】をご覧ください!

 

ちなみに僕はRPGツクールMVという制作ツールを使ってゲームを作っています。
僕がRPGツクールMVをススメル理由も記事にまとめていますので、併せてこちらもご覧ください〜。

【初めてのゲーム作り】僕がRPGツクールMVを薦める三つの理由

2018年10月12日

RPGツクールMV|オンラインコード版

新品価格
¥7,800から
(2018/11/9 01:39時点)

 

※この記事を書いた人※

高橋リョウタ:

フリーゲーム制作者兼ブロガー。当サイトでは、プログラミングなしでゲームを作る方法を無料で公開。
また、当サイト含む複数のブログも運営中。ブログ・サイト運営も安定してきたため、サイト・ブログを活用したブログで楽に生きる道標も無料で公開(の準備中)

>>詳細:「プロフィール記事」。

>>ブログ・ホームページの制作の無料相談はTwitterのDMよりご連絡ください^^